高気密・高断熱のSW工法とは

HOME ZEHを実現させる高品質のSW工法

高気密・高断熱・高耐震の住まいが、家族の健康を守ります。

住まいにおける断熱性の高さは、家族の健康状態に関係することをご存知でしょうか?毎日暮らす住まいだからこそ、健康に悪影響な環境は避けたいもの。林工務店では健康改善に貢献することはもちろん、環境にやさしい省エネ住宅=ZEHを提供することができます。

イメージ:報告書等

ZEHとは?使用電力より創る電力を増やし、ゼロエネルギー住宅に。

ZEH(ゼッチ)とは「Net Zero Energy House」の略であり、自宅でエネルギーを創ることによって、年間の一次消費エネルギー量の収支をプラスマイナス“ゼロ”にする住宅のことです。
地球温暖化が進む現代、住宅の省エネルギー化は最重要課題の一つであり、「創エネルギー」の導入が注目されています。

表:エネルギー収支0
  • 省エネルギー
    住まいに必要なエネルギーを最小限に。
    石油・石炭・天然ガスなど、自然界から得られるエネルギー源の消費削減を目指します。
    ●断熱性能の向上
    ●高効率設備の導入
  • 創エネルギー
    住まいに必要なエネルギーを創出。
    住まいでエネルギーを創出することによって、さらなる省エネ化を促進します。
    ●太陽光電などの再生可能エネルギーの導入
↓
一次エネルギー消費量 - 創エネルギー量 ≦ ゼロ
創エネルギーとの差し引きで、1年間の一次エネルギー消費量を実質ゼロに!
林工務店ではSW工法を活用し、ZEHの達成に取り組んでいます。省エネ設備や機器の導入はもちろん、住まいの気密性・断熱性を高めることによって、
年間のエネルギー消費量ゼロを目指します。

高気密・高断熱・高耐久で変わる毎日

高気密

「高気密」とは、簡単に言うと“すきま風の入らない家”のこと。すきまを徹底的になくすことによって、濡気による室内の温もりが逃げるのを防ぎ、外気からの熱の浸入を防いだりします。
気密性も高くしなければ、断熱性能は十分に発揮されません。気密性が悪い住宅では、給気口よりも他のすきまから空気の流入があり、換気効率が悪くなり計画的な換気が行なえません。気密が良い家は換気口からの空気の流れがスムーズで換気効率が良くなり、カビやダニの発生を抑える効果もあります。だから気密はこだわりたいポイントです。気密検査と手がけたお宅すべてに行います。

高断熱

断熱性が高いと、外部の気温変化が室内に伝わりにくいため、常に快適な室温を保つことができます。冷暖房設備を駆使することが少なくなり、節電・光熱費の削減にも有効です。

高耐久

結露やカビは、家を老朽化させる原因の一つ。下地部分まで腐朽すると、多大な悪影響が及びます。高耐久の住まいは結露やカビが発生しにくく、家自体の長寿命化を実現します。
イメージ:明るい室内

人命にも関わる"住まいの温度差" 高気密・高断熱の家なら、ヒートショックのリスクが低減します。

「ヒートショック」とは、室内の急激な温度変化によってもたらされる身体への悪影響のことです。例えば冬場にお風呂に入ったときや深夜にトイレに行くときなど、10℃程度の温暖差は、身体に大きな負担をかけます。最悪の場合、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などで死亡する恐れも…。

イメージ:ヒートショック
イメージ:入浴における血圧変動 夏・冬の比較

その点、高気密・高断熱の住まいなら、室内の温度差が小さくなるため、ヒートショックのリスクを低減します。室内全体を均一の温度に保つことができれば、寒さの厳しい冬も快適に乗り切れるでしょう。

イメージ:サーモグラフィーの比較

林工務店のSW工法 HEAT20のG2を目標とする施工で、家族の健康維持と快適性向上に貢献。

林工務店ではLIXIL社のSW(スーパーウォール)工法を採用し、HEAT20の標準値であるG1を超えるG2を目指した施工で、居住者の方の健康維持と快適性向上に努めております。SW工法の特徴は高気密・高断熱を実現するだけでなく、壁全体を支えるSWパネルによって外力を建物全体に分散するため、地震にも強いこと。高気密・高断熱の住まいで1年を通して快適に過ごせるため、家族の健康維持にも寄与できるでしょう。

ZEH基準表

省エネ重視のZEHに対し、HEAT20は居住者目線の基準です。

現在、国が推進しているZEHは、あくまでも住宅での消費エネルギー削減を目指した、省エネ重視の基準です。一方、断熱といった住宅の建築的対応技術に着目したHEAT20の目的は、居住者の健康維持と快適性向上を図ること。林工務店では、住まう人の目線に立った“健康の家づくり”を大切にしています。

  • 気密性能

    住宅全体のすきまの大きさをすきま相当面積C値で表します。数値が小さいほど気密性が高くなります。一般的にはC値5程程度と言われており、C値2で気密住宅といいます。実際はC値1以下にならないと十分な性能は発揮できないと考えています。当社ではC値0.5以下(平均0.3)を目標にしてます。
  • 断熱性能

    熱の逃げにくさを表す値、外皮平均熱貫流率UA値・熱損失係数Q値で表します。低いほど断熱性能が良い家になります。当社ではUA値0.6以下・Q値1.9以下を目標にしています。
  • 耐久性能

    住宅の性能と耐久性を低下させる結露が発生しにくい、湿気を通しにくいウレタンフォームを使用しています。断熱材が湿気を通さないことで、断熱材内部で発生する結露の心配がありません(35年無結露保証付き)。
イメージ:家族団らん

健康の家づくりのメリット健康的な暮らしは、高気密・高断熱の住まいから。

住まいの断熱性を高めることは、快適な住環境をつくり出すだけでなく、健康的な暮らしにも欠かせない要素です。林工務店は、住宅の高断熱化に関する基準・HEAT20を満たす家づくりで、皆さまの健康にも寄与いたします。

家全体の空気の流れをコントロールできる

どんな家にもついている換気扇の役割は、室外から新鮮な空気を取り入れ、室内の空気と入れ替えること。しかし、家が高気密な構造になっていないと、換気扇本来の性能を発揮することはできません。すきま風が入ってくることで、空気の流れにムラができ、完全に換気ができないからです。
高気密の家にはすきま風がほとんど入ってこないため、家全体の空気の流れをコントロールすることが可能です。約2時間(2階建て一軒家での概算)で室内の空気をすべて入れ換えることができます。また、細かいホコリも換気されるので、家の中にホコリが溜まりにくくなるというメリットもあります。

イメージ:健やか
  • 冬場も快適な室温
    外部の気温変化の影響を受けず、室温を保つことができるため、寒い冬も快適に過ごせます。「小さなエアコンで家中を暖房」魔法瓶のようなお家で、寒さを我慢する必要はありません。 イメージ:冬場も快適な室温
  • アトピーや花粉症などを改善
    気密性だけでなく換気フィルターの性能も高いので、室外から花粉などのアレルギー物質などが入りにくくなります。アトピーや花粉症の方から「自宅で快適に過ごせるようになった」という声もいただいています。 イメージ:アトピーや花粉症などを改善
  • カビ・ダニの増殖防止
    高気密・高断熱な住まいなら、カビ・ダニの増殖の原因となる結露・湿気が発生しにくくなります。カビ・ダニの増殖を防ぐことができれば、健康への悪影響を抑えられるでしょう。 イメージ:カビ・ダニの増殖防止
  • 効果的なコスト削減
    断熱性を高めるには建築コストがかかりますが、住宅の生涯コストで考えると暖房費を大幅に削減できる場合も。さらに、健康的な暮らしが実現すれば、医療費も軽減できます。 イメージ:効果的なコスト削減
  • 騒音の問題も解決
    音は空気が振動することで伝わるので、気密性が高い家は外からの騒音が入りにくくなります。近隣に騒音のもとなどがある場合、林工務店の「高気密・高断熱の家」なら、騒音問題を解決できます。 イメージ:騒音の問題も解決
  • 当社のスーパーウォール工法施工事例はこちら
  • スーパーウォールCO2 25%プロジェクト トステムが提案する、地球にやさしい家づくり
家づくりのご相談やイベント申し込みはこちらまで! TEL  075-631-0888
お問い合わせ・資料請求